同時5軸加工技術にこだわりをもって

アイコクアルファAP事業部がお届けしている製品は、斬新な発想と強いこだわりを込めた、他社には真似できない高付加価値・高品質なものばかり。
「会社はそこで働く人のためにある。」という理念を胸に、社員一人ひとりが主体性を持ち、個性を発揮しながら、絶え間ない努力で仕事に取り組んでいるからこそ、独創的な製品が生まれています。 そんなモノづくりにかける想いをAP事業部の社員が語ります。

世界一を目指して

AP事業部 生産技術 リーダー 杉原智実
航空機部品の生産技術を担当しており、加工工程の設計と高性能な5軸マシニングセンターのプログラムを作成しています。
航空機部品に求められるモノづくりは、第一に飛行の安全ですので、『安心して乗ってもらえる品質』を絶えず意識しています。
加工技術では、アイコク独自の長年のノウハウを基にワンチャッキング加工法の高度化を進めており、5軸加工では日本のリーダーとして世界一を目指しています。

常に先を行くことに挑戦

AP事業部海外量産インペラー製造リーダー 磯部忠行
乗用車からトラック、重機などに取り付くターボチャージャーのコンプレッサーホイール(インペラー)製造に携わっています。日本だけでなく、世界各国で乗られているターボ車の部品でもある為、生産する数量としては大変なボリュームです。
これを最先端の同時5軸マシニングセンタと今まで積み重ねてきた加工技術を駆使し、お客様からのクレームを絶対に出さない品質を維持した上での「ものづくり」に励みながら、どのサプライヤーよりも常に先を行くことに挑戦し続けています。

絶対に不適合品を流出させない

AP事業部 品質保証 リーダー 馬場邦彦
品証として、顧客に対しては絶対に不適合品を流出させない事に拘っています。
AP事業部の品質システムや各種品質活動を通して、「不適合品を作らない・作らせない」を社内のみならず、外注メーカーにも要求しています。
ここ最近は、航空機に比べて自動車用インペラーの割合が高くなり、APでも大量生産加工が行なわれるようになってきました。
大量生産でも品質レベルを落とす事なく、顧客にアイコクの製品は品質が良いと、この先も言って頂けるように取り組んでいます。