精密成形された自動車用ミッションシャフト 月産70万本

月産65万本

自動車は、速く走ったり、遅く走ったり、あるいは坂を登ったりできます。それには、エンジン単体だけではできません。そこで登場してくるのが、トランスミッションです。 月産65万本を生産するアイコクアルファ製シャフト(パワステ用ピニオンシャフト除く)は、90%がトランスミッションに使われています。 自動車の重要な部分であるトランスミッション部品は高いレベルでの精度・強度を要求され、特に最近はコンパクト化・ネットシェイプ化(最終的な部品の形状に近くする)もあり、アイコクアルファ製のシャフトはそれらに対応しています。

アイコクアルファ製のシャフトが組み付けられています。

製品種類

薄くて大きいツバのある
インボリュートスプライン付シャフト
・左右に成形されたセンターをつけ、機械加工によるセンターモミが不要です。
・外径の切削代を減らすために多段に成形しました。
サイズ 長さ236㎜×外径φ94㎜
最小軸径と
ツバ有効外径の比率
4.44

小さい画像をクリックすると大きい画像が切り替わります

内径の小さい貫通中空シャフト
・スプライン左側の切り上がりは2.5mmで、嵌合い用の溝加工が不要です。
・中空φ12は切削加工が不要です。
サイズ 長さ217㎜×外径φ45㎜
中空長さと
内径の比率
16.2

小さい画像をクリックすると大きい画像が切り替わります

大径中空シャフト
・2段の大径中空形状に加え、外径形状を多段成形しているため、切削代が少なく切削工数を削減できます。
サイズ 長さ298㎜×外径φ74㎜

小さい画像をクリックすると大きい画像が切り替わります

内外径にスプラインのあるシャフト
・外径の切削代を減らすために多段に成形しました。
・左右にセンターを成形し機械加工は不要です。
サイズ 長さ151㎜×外径φ56㎜

小さい画像をクリックすると大きい画像が切り替わります

製品情報トップに戻る