冷間鍛造でつくると高精度で滑らかな鍛造肌が得られるサンギヤ 月産25万本

月産50万本

多くの車に搭載されているトルクコンバータ式オートマチックトランスミッション(AT)の変速制御を行う機構には、プラネタリギヤ(遊星歯車)が使われます。 プラネタリギヤは、中央に位置するサンギヤ(はすば歯車)、その周りを回転するピニオンギヤ、それらの外周にリングギヤを配置した構成です。 アイコクアルファの冷間鍛造で作られたサンギヤは、高精度でなめらかな鍛造肌が特長で、歯面疲労強度が高いという評価を頂いています。