環境活動の目標・実績



◆取り組みの考え

 アイコクアルファは、品質をより良くすることが環境活動と考えて進めています。製品の品質を向上させるには、各人の業務の品質が基になります。
 この活動は、ムダを排除するだけでなく、企業としての強みを生かすことになり、強みを生かすことがアイコクアルファの企業活動と考えています。

    【2020年度 全社共通課題】 
    ・「品質を“より”良くする年」の継続
・多能工化を進める中で、ベテランから若手へ、又は専任者から他のメンバーへ仕事を伝授する際、品質面で押さえるべきことが疎かにならないように、マニュアルを見直す。
・不良の“真の原因”を掴む。
     
   【2019年度 トピックス】
    ・『品質を“より”良くする年』として活動をスタート
・品質不適合削減へ
・水溶性切削油の処理施設において、エマルジョンブレーカー処理方法確立
・工場及び事務所の照明LED化 第10工場54台 山崎工場60台
・第9工場空調増設(働く環境の改善)
・いこいの広場工事着工(発祥の地再開発)
・蛍の飼育-成虫31匹成功(いこいの広場関連)
・『新入社員が辞めない会社』中日新聞に掲載される
 
◆目標・実績
 
    <電力を効率よく使う> 良いものをつくる。働きやすい環境で!

電力原単位


<油類を効率よく使う> 良いものをつくる。最適な使用量で!

油原単位


<都市ガスを効率よく使う> 良いものをつくる。熱処理治具の工夫で!

都市ガス使用量


<廃棄物削減・リサイクルへ>
 買う前に考えるリサイクル

廃棄物総量及びリサイクル率

  • 環境理念・方針
  • 環境賞
  • 環境活動の目標・実績
  • 「地球の顔」ニュース

ページの先頭へ