ASFALIS 製品情報

ASFALIS

3Dデータ変換ソリューション

ASFALISは、設計と生産技術、製造、品質保証などの関連部門をつなぐ、マルチCAx (commuity automatic exchange) の統合ソリューションです。

取引先企業との3Dデータの連携。PDQ管理と高度な変換技術による高い信頼性。豊富な製品・コンポーネントによる柔軟なシステム構成。

設計部門で作成して出図した製品設計3Dデータを、関連部門や後工程、協力会社に合った適切なデータフォーマットに変換することができます。また、解析やシミュレーションなどの用途に合わせたデータフォーマットへの変換も可能です。

ASFALIS の特長

ELYSIUM Neutral File (ENF) を介した3Dデータの授受

 ENFの中にあらゆる製造情報や属性を保持


ENF(Elysium Neutral File)エリジオンが開発した3Dデータ変換と流通のための標準データフォーマットです。ENFには、形状だけでなく3Dアノテーションや属性など、CADデータに含まれるあらゆる情報を蓄えておくことが可能になります。

ENFでは、製造情報(PMI:Product Manufacturing Information)や属性を保持しており、解析や製造準備に必要な情報をASFALISアダプタによって、異なる3D-CAD間の3D図面変換を実現しています。

高品質な3Dデータ変換

 作成から利用まで一貫したデータ変換と品質管理


PDQ(Product Data Quality)は、データの品質を示す用語。微小な図形要素や面の離れなどがあると、データ交換のときに面が消失したりする。この不具合への対策としてPDQをチェックするソフトウエアが必要になります。

エリジオンの全ての製品で同じ品質チェック(PDQ Check)プログラムと変換プログラム(DEK:Data Exchange Kernel)を使用しているため、全ての製品において 一貫した矛盾の無い品質チェック結果やデータ変換結果が得られます。

3Dアノテーション·属性変換

 3D-CADデータのフル活用による後工程の自動化


異なる3D-CAD間の3Dアノテーション(annotation)変換:プログラミングでは、コード中に登場する要素(クラス、メソッドなど)に対して、それ自体に関する情報(メタデータ)を注記できる仕組みのことをアノテーションと言います。

 ENFには記号の見た目だけではなく真の値を保持

異なるCAD/CAM/CAEツール間でのデータ授受は、高品質な3Dデータ変換技術により、解析や製造準備に必要な情報を漏れなく伝達し、用途に合わせたデータフォーマットへの変換が可能です。

導入メリット

ENFを通じた3Dデータ流通
データ変換からデータ最適化まで「3Dデータ変換・活用支援ツール」CADdoctorとは、基本となる3次元データ変換機能をはじめとして、データの中に潜む不具合箇所をさまざまな側面で自動検出するデータ検証機能、それを解決する修正機能と、データの簡略化や見込み変形などデータの前処理やツールを補完する形状編集・最適化機能を備え、3次元データを有効かつ効率的に活用するためのあらゆる機能を集約したデスクトップツールです。

 設計部門が出図した製品設計3Dデータを、関連部門に適切なデータフォーマットに変換して送ることができます。

 製品設計データ授受に係る煩わしい作業がなくなるため、後工程にスムーズな情報伝達が可能になります。

ASFALISに関するお問い合わせはこちらの専用フォームで受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。

アスファリスに関するお問い合わせ | 価格

ページの先頭へ