フィルム原反の反転作業

MOVIE

※ご利用環境によっては、正しく表示されない場合があります。
導入効果
作業スピードを落とすことなく安全に作業

事例詳細

導入前の課題
各種フィルム原反(約250kg)の多くはパレットに立った状態で入荷します。
原反を貼合機にセットする際、原反の紙管に棒を差し込んで、傾けて倒す方法で横向きにしていましたが、労災を起こす危険性があり改善が必要。クレーンに反転冶具をつけてテストしてみたが、作業性が悪く時間も掛かり困っていました。
導入効果
作業スピードを落とすことなく、安全に作業できるようになりました。
事例概要
運搬物 フィルムの原反(250kg)
アタッチメント 内径クランプ反転式
導入製品 電気式ラクラクハンド EH350
設置方法 据置台座式
上記の使用事例に関するお問い合せ

パソコンのセキュリティ設定により、フォームが使用できない場合があります。
その場合は、メール(raku@aikoku.co.jp )にてお問い合わせください。

ページの先頭へ